皮脂は悪者?

皮脂は悪者?

いちご鼻の原因となりうる皮脂の過剰分泌。
角栓の構成要素の一つですし、どうもいいイメージがありません。

 

「顔がテカッちゃうから、皮脂なんていらないのに!」

 

そんなことを言わず、優しく小まめにケアしてあげてください。
なぜなら皮脂には重要な役割があるんです。

 

皮脂の役割とは

皮脂の役割を簡単に言うと「バリア」です。外からの汚れから肌を守り、内からの水分蒸発を防ぎます。

 

水分蒸発を防ぐ

皮脂は通常、体中の肌の表面をうっすら覆っています。
こうすることによって肌から水分が逃げていくこと防いでいます。

 

バリアとして肌を守る

肌は外部からの刺激に弱いところです。物理的な刺激はもちろん、紫外線や空気の細かい汚れから肌を守らなければいけません。
それが皮脂の役割なんです。

 

常在菌の食べ物

最近は知られるようになってきましたが、肌の上には菌がいます。
その中に肌にいい働きをしてくれる善玉菌が無数にいます。

 

この善玉菌は、皮脂を分解することでエネルギーとし、この分解によって、肌は弱酸性になります。
CMなどで「弱酸性はお肌に優しい」と聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか?

 

それはここから来ているのです。
一方、この弱酸性の状態が崩れると悪さをする菌の増殖に繋がります。

 

皮脂の取りすぎに注意!!

ここまで見ると、「皮脂なんていらない!」とは思えなくなってくるでしょう。

 

また、そんな大事な皮脂を取りすぎてしまうと、肌のセンサーが働き、「もっと出さなきゃ!!」と、余計に皮脂を分泌してしまいます。

 

皮脂を分泌するときは、毛穴が開くので、その状態が長く続くと、常態でも毛穴の開きが目立つようになります。

 

 

 

皮脂とは、決して悪者にせず、うまく付き合っていく方法を考えるのが賢明と言えるでしょう。

関連ページ

オイリー肌と乾燥肌ってなに?
いちご鼻になりやすいとされる状態の肌ですが、まだイマイチどういう状態かわからないという方はこちらを読んでください。
ピーリング・ゴマージュ・スクラブの違いとは
一見混同されがちなピーリングとゴマージュとスクラブ。これらの違いを知っておきましょう。自分に合った角質ケアに役立つかもしれません。
いちご鼻バスターズのデータ収集
いちご鼻バスターズの信ぴょう性をちょっと上げるためにどのようなところから情報を得ているのかソースなどのご紹介。

 
トップページ 基本マニュアル 実践訓練 開発室