黒つまり鼻

黒つまり鼻

いちご鼻の状態が、黒いブツブツ状態(黒つまり鼻)の改善方法を紹介します。

 

 

チェックポイント

・鼻に黒いブツブツがある
・洗顔をしていてもなかなか落ちない
・手で触るとザラッ、ゴワッ

 

この状態の方は、角栓が長期間除去できておらず、酸化したため黒ずみになって見える状態です。

 

このまま放置しておくと、さらなる肌トラブルを引き起こし、また、毛穴の開きにもつながってしまいます。

 

洗顔をしっかりと見直すことを前提として、週に1度が2度、角栓を除去することをおすすめします。

 

目的:洗顔+角栓除去で改善していく

 

どうして洗顔では落ちないの?

毎日、洗顔やクレンジングをしていたのに、この状態になってしまったという方もおられます。
というのも、角栓は3割が皮脂、7割がタンパク質という構成になっています。
タンパク質は、肌のターンオーバーが乱れて古くなってしまった角質です。
ですので、洗顔で落ちなかった角質が、皮脂と混ざってできるため、クレンジングなどでは落ちないのです。

 

実践編

ピーリング毛穴ケア

洗顔やスキンケアを前提として、角栓除去の毛穴ケアを週に1度か2度行うことをおすすめします。
その方法として、ピーリングが一般的です。古い角質を除去するものとして、ほかにもゴマージュやスクラブと言った似たようなものがありますが、目的としては同じです。違いについては、後ほど詳しく説明します。

 

低刺激なものを選ぶ

まずは、ジェルやピーリング石鹸といった粒子が細かく、洗い流せるタイプのものがおすすめです。
AHAという成分配合のものもよいでしょう。

 

週1〜2程度

古くなった角質を除去し、正常な肌のターンオーバーに導くのが目的です。使用頻度に注意してください。

 

肌コンディションに注意

少なからず、刺激を与えることになります。肌が敏感になっているときは、使用を控えましょう。

 

ピーリングマシンを使用する

よりムラなくピーリングを行えるものとしてピーリングマシンを購入して使用する方法があります。
良く知られているものとして、「ダイヤモンドピーリング」や「ウォーターピーリング」があり、愛用者も多くおられます。
物理的に古い角質を除去するものなので、低刺激に考慮したものを選びましょう。

 

皮膚科・美容皮膚科を利用する

費用はかかりますが、角栓除去の確実な方法として皮膚科や美容皮膚科を利用するのも一つの手です。
施術としては、ケミカルピーリング・吸引・イオン導入・レーザー治療の4つが一般的です。

 

皮膚科・美容皮膚科クリニックやサロンに通う

酸を使用してピーリングを行います。考え方としては、自宅でできるジェルを使用したピーリングとほぼ同じです。

 

吸引

詰まっている角栓を吸引して除去します。

 

イオン導入

有効成分を浸透させやすくします。角栓除去というよりも、毛穴自体が黒ずんでしまったときに有効。

 

レーザー治療

角質のキメを整え、毛穴を引き締めます。毛穴が開いてしまった方に有効。

 

関連ページ

白つまり鼻
白いポツポツ状態のいちご鼻を改善する方法です。この状態だと洗顔をしっかり行うことで、かなりの確率で改善することができます。
ひらき毛穴
いちご鼻の改善方法を紹介します。基本的なことを押さえて自分にあった改善方法を選択できるように紹介していきます。

 
トップページ 基本マニュアル 実践訓練 開発室